RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Atelier Kaii - blog -

   〜 Kaiiの旅日記 〜

『芸術』という出口の見えない世界に迷い込んだ
ひとりの画家の素朴な日常をご紹介♪

※Atelier Kaii は、『東北地方太平洋沖地震』
≪2011年3月11日(金)14時46分発生・M9.0≫で
被災された方々を、総力を挙げて応援いたします
<< 春一番? | main | チョコ色の街 >>
TRCホールコンサート
0
     先日、阪急石橋駅からバスで数分のところにある『TRCホール(池田市旭ケ丘2-4-17)』へ、知人のひらくコンサートに行ってきました。

        上田聡さん

     中国から伝わった『月琴(げっきん)』と『笙(しょう)』のコンサートだったのですが、月琴を奏でるのが『上田聡』さんで、奥さまが、雅楽でもお馴染みの楽器である笙を担当されています。

                奥さん

     演奏されたプログラムは、中国やフランスの古楽を始め、『水の向こうに』『愁い』『恋する采女』などなど。楽曲もさながら、とても神妙な音色で、しばし惹きこまれてしまいました。

     記念撮影

     初めて知りましたが、笙は、温め続けないといけないらしいですね…演奏の合間に、奥さまがずっとヒーターの上で笙をあぶっていました。

               月琴

     これが、上田聡さん愛用の月琴です。恐れ多くも触らせていただいたのですが、フレット間が丸くカーブするように掘り下げてあり、強く押さえることによってチョーキングの作用が生まれます。あの滑らかな演奏は、こういった楽器から生まれていたのですね。

     上田聡さんは、現在、オランダで活躍されている演奏&作曲家です。日本でも数多くのCM曲を書かれたりと、その活動にはみなぎるパワーを感じます。
     奥さまとお嬢ちゃんを日本に置いてまで、単身で渡欧されている上田聡さんですが、音楽に対するその意気込みが、やはり演奏にも表れていました。まさに天晴れです。

                          BEYOND THE WATER / Satoshi Ueda

     こちらが、上田聡さんが出されているCD『BEYOND THE WATER / Satoshi Ueda』です。私はこれで聡さんのCDは2枚目を聴いたことになりますが、最初のCD『気 / Satoshi Ueda』と違って、音調がより整理され、とても心地の良い1枚となっています。心静かに瞑想にふける時などは、本当にいいですね…

     2月18日(土)には、阪急岡本駅の付近でまた演奏をされるとのことですので、フランス時代の友人たちと応援に駆けつけるつもりです。
    | 音楽 | 10:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.atelier-kaii.com/trackback/132523