RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Atelier Kaii - blog -

   〜 Kaiiの旅日記 〜

『芸術』という出口の見えない世界に迷い込んだ
ひとりの画家の素朴な日常をご紹介♪

※Atelier Kaii は、『東北地方太平洋沖地震』
≪2011年3月11日(金)14時46分発生・M9.0≫で
被災された方々を、総力を挙げて応援いたします
<< 東北地方太平洋沖地震【4】 〜 重要:緊急提案◆γ繁舎 〜 | main | 東北地方太平洋沖地震【6】 〜 東電福島第一原発 海洋汚染拡大 『チェルノブイリ』を回避せよ 原発未来図 『災害時底部冷却型』 〜 >>
東北地方太平洋沖地震【5】 〜 東電福島第一原発 ロボットは人類を救えるか?原発未来図 『海沈型』 〜
0
     慣れっこになってはいけないと思う反面、これだけ放射能漏れが続き平素と化すと、感覚がマヒしそうでもある。

     けれど、東京消防庁のハイパーレスキュー隊や自衛隊員の緊迫した活動映像、そして廃墟と間違われるかの原子炉建屋風景などを窺うと、今、私たちはとんでもない状況に身を置かれていると、再認識させられる。ノド元にナイフを突きつけられているような、生きた心地のしない日々である。

     あまりにも、原子力に頼り過ぎてきた。

     地震津波を恨む前に、東京電力へ弓を向ける方も多いかもしれない。しかし、「じゃあ、電力要らないんですね?」と言われると、それも困るはず。もう、私たちの生活スタイルは、原子力発電が必要不可欠なものとなってしまった。

     しかしこんな非常時に、「うちが開発したロボットで、ぜひとも放水作業をさせて下さい!!」と名乗り出る企業がいないのも、情け無い話…何十億か何百億かは知らないが、開発に金をかけている割には、まだまだ実用性に乏しい。

     リモコンの遠隔操作で動く消防車があっても、いいはず。カメラを背負ったラジコンに、福島第一原子力発電所の敷地内を、隅ずみまで偵察してもらってはいかが?、遠距離での通信をカバーする目的の、衛星を使ったラジコン操作など、そんなに難しい技術じゃないはず。

     私は、手仕事にこだわり、機械仕事は大嫌いだけれど、こういう時にこそ、機械に託すべきだと思う。夢のまた夢の話ではなく。実際、巷の生コン圧送車など、普通にリモコンで操作されているのだから。

     今後のこともあるので、私なりに、未来の原子力発電所の、基本構造を練ってみた。

               原子力発電所・未来図


     海底ケーブルによる送電線が届く無人島に、上の断面図のような大穴を掘り、原子炉を、海面下の高さに設置する。何か甚大なトラブルが生じた時は、海中から原子炉へ通じる水門を開き、電気など、動力を使わずとも、原子炉を水没させることが出来るようにする。

     トラブルが無いのが、一番良いのだけれど…
    そうもゆかないのが、世の常であるようにも思う。

     大事なのは、そこから、確固たる何かを
    学ばないといけない。
    | 東北地方太平洋沖地震 | 01:17 | - | - | - | - |