RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Atelier Kaii - blog -

   〜 Kaiiの旅日記 〜

『芸術』という出口の見えない世界に迷い込んだ
ひとりの画家の素朴な日常をご紹介♪

※Atelier Kaii は、『東北地方太平洋沖地震』
≪2011年3月11日(金)14時46分発生・M9.0≫で
被災された方々を、総力を挙げて応援いたします
<< 東北地方太平洋沖地震【7】 〜 東電福島第一原発 重要:緊急提案 『サイフォン・プール』作戦 〜 | main | 東北地方太平洋沖地震【9】 〜 東電福島第一原発 風評被害 生計への活路『60Hzの灯火』 〜 >>
東北地方太平洋沖地震【8】 〜 東電福島第一原発 『原発レスキュー』の必要性 東京の未来は『ゴーストタウン』? 〜
0
     皆さんは、どう思われますか?

     残念ながら、もう結果は出たような…

     この、原子力発電システムに事故が起きた場合とは、たかだか一国の、それも一地方の電力会社では、到底太刀打ち出来るものではない、という意識が拭えません…ほんとうに。

     つまり、世界中の原子力発電実施国で基金をつくり、スイスあたりの空港に、災害派遣用の機材を一式積み込んだ航空機を常時待機させ、どこかの国から事故の一報が入れば、24時間以内に原発レスキュー部隊が駆けつけるというシステムでも造り上げないと、世界は不安でしょうがないということでしょう。

     そして、何か特異な事を行う際は、その救援機関に、予め報告するようにしておく…そうすれば、「チェルノブイリが実験を行うらしいから、今日は特に出動準備を強化せよ」と、心の準備が出来るというもの。

     福島に戻り、これだけ海水が汚れていては、汚染水の地下漏洩は判り切った話で、その漏洩箇所の一端を見付けたのはお手柄としても、止水にこんなに時間がかかっていては、ゆく末が不安極まりない。

     おがくず、生コンが流水に適うとでも?

     大量のタオルを、棒とハンマーで奥へ奥へと叩き込み、砂を詰め、それからセメントやコーキングなりの補修剤を、亀裂部へ埋めてゆくしかないのでは?コルクで栓をする方法もある。

     世界を震撼させるほどのこの事故に、日本国政府が、東京電力に終始責任を取らせようとしている姿を見るのは、歯がゆさが残る。「本件は、すべて政府が預かる」と、なぜ言えないのか…?

     冷却システムの完全復旧にこれだけ手こずっていては、炉心溶融も十分考えられる。そうなれば、東京はゴーストタウンになる。空巣は軒並み、やりたい放題。警察も警備保障も、手の及ぶ地域でなくなる。命がけではあるも、数時間放射能を我慢すれば大量の金品が手に入るのだから、まさしく犯罪者の楽園といえる。
     今のうちに、西日本サイドの貸金庫にでも、貴重品は移しておいた方が身のためであるかもしれない。

     将棋で、「あの一手さえなかったら」という敗北の分岐点があるが、福島の場合は、それが原子炉停止後の、水素爆発ではないだろうか?

    | 東北地方太平洋沖地震 | 00:58 | - | - | - | - |