RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Atelier Kaii - blog -

   〜 Kaiiの旅日記 〜

『芸術』という出口の見えない世界に迷い込んだ
ひとりの画家の素朴な日常をご紹介♪

※Atelier Kaii は、『東北地方太平洋沖地震』
≪2011年3月11日(金)14時46分発生・M9.0≫で
被災された方々を、総力を挙げて応援いたします
<< 中華料理 『春香』 OPEN | main | 涼しげな熱帯夜(其の2) >>
涼しげな熱帯夜(其の1)
0
     本日も、ナカナカ意味不明のタイトルで発進いたしました、当気まぐれブログです。わざわざのご来場、有難うございますぶー

     『地球温暖化問題』って、かなり深刻みたいですねぇ。北極の氷も、早く冷凍庫に入れてあげないと、じきにとけてしまうとか。

     まあ、如何せん、エネルギーの使い過ぎなんでしょうけど。クーラー要らずの私が、それを皆さんに強請るのは酷かなぁ。。。イヒヒ
    (笑)

     でも、あながち無関係ではないと思いますよ。都会からエアコンを全て撤去すれば、2〜3℃は外気温が下がるのでは?発電量も少なめで済むわけですし。

     ひとりが点けたら、隣の人も点ける…そのまた隣の人も、エアコンを点けてしまう。それはどうにも、かなりの悪循環のような。

     『慣れ』って、怖いものです。江戸時代にはエアコンなんか無かった。それでも人間は笑顔で生きていたのに、今では「クーラーが無いと死んでしまう!!」という方が目白押しムニョムニョ

     人間の身体は、不思議ですよね。「寒い寒い」と厚着をすると、「ん?何だか頑張らなくてもいいみたい(皮膚・談)」と、皮膚がどんどん軟弱になる。何らかの作用が外から加わると、すぐに体がその作用をサボるようになる。ステロイド然り、「クーラーがあるんなら、一生懸命汗を製造する必要なんて無いじゃん!止ぁ〜〜めた」と。

     さて…前置きはこのくらいにして、下の見取図を見てください。

    見取図

     こういう部屋に、あなたが急に放り込まれたとします。「明日の朝迎えに来るから、今夜はここで寝て!じゃぁね!」と、あまりに唐突で思いやりのある宿泊案内がありました冷や汗

     日は暮れているものの、そこは熱帯夜のど真中。玄関の他に、窓はA〜Eまで5箇所あるけれど、クーラーもない、扇風機も無い、団扇も無い、かといって外には風も無い。それらに気付くのに、正味10分も必要としなかった…そんな厄日です悲しい

     さあ、いかがいたしましょう?あなたなら、どうやって寝ます?辛うじて、換気扇が回るのですが。。。

    | シュフの悪知恵 | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.atelier-kaii.com/trackback/654481