RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Atelier Kaii - blog -

   〜 Kaiiの旅日記 〜

『芸術』という出口の見えない世界に迷い込んだ
ひとりの画家の素朴な日常をご紹介♪

※Atelier Kaii は、『東北地方太平洋沖地震』
≪2011年3月11日(金)14時46分発生・M9.0≫で
被災された方々を、総力を挙げて応援いたします
<< Les poireaux | main | Atelier Kaii 再始動 >>
カイガノススメ ≪其ノ三≫ 〜ヒョウゲンスベキハ『サ』ノココロ〜
0
    ※『Atelier Kaii』のWEBサイトにて、更新休止のご挨拶を掲載しておりますのでご覧ください

     この章は絵画に限られた記述ではないことを、私は強く念押しておきます。その証拠に、私は『サ』とは、写真、音楽、文学、演劇、映画…などなど、様々なジャンルの芸術作品に当てはまるモノサシだと考えています。

                           花鳥風月

     〜何が表現されるべきか?〜

     ↑↑幼少の頃に生み出される作品は、そんなことなど気にもせずに完成されるのでしょう。しかし大人になるにつれて、このテーマは無情にも常に付きまとってくるものです。ましてや職業として表現者の位置付にいたいのであらば、この課題をなおざりにはできないでしょう。理屈っぽくなるのも嫌ですが、作品づくりには、ある程度『目的』と呼ばれるくらいの動機は必要だと思います。

     それに幼児期の作品も、このテーマに無関係ではありません。言い方を替えれば、幼い頃の作品だって、無意識のうちに何かを表現しているものだったりするのですから。。。

    花鳥風月

     「『サ』を表現するって…『差』のこと?」

     私がこの話を投げると、決まってこういう答えが知人から返ってきます。しかし残念ながら、私が座右の銘に掲げるほどの『サ』とは、一風ちがった使われ方をする語句なのです。


    Q:

    目の前に置かれた真紅のリンゴを見て、あなたはカンヴァスに何を描きますか?


    A:

    々箸ぅ螢鵐
    △呂舛澆
    6發鼎
    だ朕垢糧甲田山



     深刻に悩んでいただくことを避けるため、ふたつの前置きをしておきましょう…絵を描くことに『間違い』や『反則』が存在しないのと同様、この4つの答えの中に、不正解はありません。また、裏返して補足すれば、どれも正しいと言えるでしょう。

     ただ、迷わず,鯀んだ方がおられるのであれば、いささか危惧がちらつきます。芸術家とは一番離れたところに心がある人物ではないかと私は思うのです。失礼な話、芸術家を目指すには、人一倍か、人二十倍の労力が必要な方かもしれません。

     リンゴの『甘さ』に感動した方は…△鯀ばれるのではないでしょうか。

     リンゴの『硬さ』に感動した方は…を選ばれるのではないでしょうか。

     リンゴを見て、故郷青森の『懐かしさ』に想いを馳せた方は…い鯀ばれるのではないでしょうか。

    花鳥風月

     私たち表現者は、いったい何を未来へ残すべきでしょう?モデルを前にし、その人物の誇らしさ、優しさ、明るさ、やわらかさ、素直さ、えぐさ、直向さ、温かさ、弱々しさ、厳しさ、気だるさ…等々を表現せず、いったい何を描けば良いのでしょうか?

     楽器を手にし、逢ったこともない声を聞いたこともない作曲家が全身全霊で曲に込めた『さ』を奏でず、いったい何を音にするのでしょうか…?

                          花鳥風月

     学校で教えてほしい。

     「まず顔の輪郭から描きましょう。その次に中心線を薄く描き入れ、それに沿って鼻を描いてゆきましょう」などと、単純に目前の石膏人形をアカデミックに描き写すコピー機業務を教えるのではなく。

     単純にオタマジャクシを撫で回りながら終業のベルを待つ、哀れな事務的授業ではなく…

     芸術とは『心の動き』を表現するものであること。心の動きを、『作品』という不変の媒介を介して、万人と共有するものであること。幸せ、或いは不幸せを、同じ世界に生きる皆と共に味わうということ。

     物を見つめ、触れ、音を聴き、香りを吸い込み…まずは自分が何に感動したかを深く知る、それが一番重要であること。

                    リンゴの想い

     リンゴを見つめ、食べ、何かを感じる。そして歯が立たないほどの硬さに感動したから金づちを描く…その金づちの絵を観た人が、リンゴを見た時、食べた時と同じ心の動きをしてくれた瞬間に、その絵の仕事が初めて終わりを遂げること…それを学校で教えてほしい、そう願う日々です。

     「今日の映画は、主人公の切なさが伝わってきて泣けたよね」

     「このあいだ観たのも良かったよね。苦しさの中でも直向に生きる、主人公の健気さが感じられたよ」

    …↑↑こんな評価が、世にも審査員にも真先に求められるはずです。コンクールをひらくのであれば、このモノサシを用意するべきだと、私は思います。

     「去年、海外で賞をもらった○○監督の映画だから、いいに決まってるじゃない♪」

     「△△美大出身だから、この絵描さんの絵は外れることは無いでしょうよ」

    …などというブランド志向に染まってしまうと、哀しいかな、『さ』の心を読めない大人…つまり、『はだかの王様』に育ってしまうことでしょう。



       ニュルンベルクのストーブ


     ↑これが、私が愛して止まない一冊です。

     とはいえ、『フランダースの犬』ではありません。岩波少年文庫さんの送り出すこの本の、後半に収録されているウィーダさんの書いた『ニュルンベルクのストーブ』が、私の心の奥深くまで刺さり込むのです。

     ピンク色のカバーの、新たに翻訳された新版も読ませてもらいましたが、やはりこの畠中尚志さんが翻訳された同書にはかないませんでした。今から50年をさかのぼる1957年に畠中さんは翻訳を終えたようですが、改めて翻訳に取り組まれた方は、畠中尚志さんとは別の表現方法を強いられ、きっと思い悩まれたに違いありません。『コロンブスの卵』然り、いつの時代も二番煎じの努力は軽んじられてしまうものです。また、哀しいかな、二番煎じは「真似しんぼ」と嘲笑われながら、先人の5倍以上の努力を強いられるものです。翻訳業界も、原作を自由に書き変えれないだけに、労苦が多いことでしょう。

     著作権の問題でラストシーンを記載することは出来ませんが、あの場面に、私が強く訴えたい『さ』の心が、感動の涙で描かれています。ニュルンベルクの名陶工が生み出した至宝とされるストーブを中心に、少年の清らかな心が、『芸術』というテーマを通じて切なく描かれています。おそらく図書館に行かないとこの古い本を読むことはできないでしょうが、興味のある方は、ぜひご覧になってみてください。

                           花鳥風月

     私もいつか、同じ想いを込めた作品を、世に送り出したいですね。。。



    | カイガノススメ | 03:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.atelier-kaii.com/trackback/800456