RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Atelier Kaii - blog -

   〜 Kaiiの旅日記 〜

『芸術』という出口の見えない世界に迷い込んだ
ひとりの画家の素朴な日常をご紹介♪

※Atelier Kaii は、『東北地方太平洋沖地震』
≪2011年3月11日(金)14時46分発生・M9.0≫で
被災された方々を、総力を挙げて応援いたします
『橋本屋』催事
0
     大阪を出て、ここまでたどり着くのに長かったこと…(笑) この度の関東進出のメイン会場となる、静岡県御前崎市の『浜岡』へようやく到着しました。

                 肖像デッサン

     地元の『橋本屋』さんの呉服催事ですが、社長が就任された記念のイベントで、会場内でお客さまへ肖像デッサンを描くというお仕事をいただいたのです。

         橋本屋

     町自体がそんなに都会じゃないということから、ご来場の方の人数もまばらではないかと思っていた私は、仕事が始まると死ぬほどの忙しさにてんてこ舞い…会場は相当にぎわっていました。

                   社長誕生日

     ちょうど、社長の誕生日に遭遇したんですよ…この大きなケーキには感動でした♪生クリームの美味しかったことラッキー

      ミッチー・タカ氏

     大阪を中心に、イケメンのプロ・マジシャンとして活動を続ける『ミッチー・タカ』さんです。手さばきは見事♪
     ※関連サイト『VERNON'S BAR

                  ラン新種

     こんな珍しいランが、卓上を飾っていました♪
    | 絵画 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    amaryllis
    0
                             amaryllis



             amaryllis



                                amaryllis


          l'amaryllis


      | 絵画 | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      花博記念公園鶴見緑地≪後編≫
      0
           乗馬

         さて…あっという間に後編ですたらーっ

                  乗馬風景

         この日は感動的なご対面でした。馬場を、数頭の馬が走り回っています。

        乗馬風景

         学生さんの乗馬風景のようで、教官の檄が飛んでいます。馬を操るのも大変ですね。
                           洗い場

         さて、こちらは馬くんのシャワールームです。馬場を走ると泥だらけになるので、きちんと洗ってあげるようです…大型のドライヤーまであって、馬くんも気持ち良さそうニコニコ

                 三編み

         この『三編み』は、花嫁衣裳かと思いましたムニョムニョ でも彼はオスだったようです。。。

        | 絵画 | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        花博記念公園鶴見緑地≪前編≫
        0
                                鶴見緑地

           大阪市内の北東に位置する場所に『鶴見緑地公園』というのがあります。以前、花博があったところですが、ここの敷地に『鶴見緑地乗馬クラブ』という施設があるので、先日行ってきました。

                     花壇

           この場所はいつも花が入れ替わり、満開状態です。なお、今回の目的は、馬のデッサンを求めての旅…
                                  馬場

           ところが何と、馬場に馬が一頭も見当たりません。

              花壇

           どうやら火曜日は、施設の定休日だったようです…馬を見にゆこうかと考えている皆さま、どうぞ気をつけましょうムニョムニョ
           ということで、花ウォッチングに予定変更です。

                         つぼみ

           幸運にも、ポピーがたくさん咲き乱れていました。ポピーのつぼみって面白い表情をしていますねてれちゃう

               ポピー


          | 絵画 | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          『春、爛漫。』 〜打ち上げ〜
          0
                     ロールケーキ

             この日は朝から晩まで、キッチンにはまりっぱなしでした。

            ロールケーキ

             先日の展示会でお世話になった『MANIC PANIC GB』のスタッフさんに打ち上げをご用意したのは良いのですが、食事を全て手製にすることをこだわったため、朝から Atelier Kaii は仕出し屋状態です。

                                 ロールケーキ

             このあたりは、ロールケーキづくり…生地にアクセントをつけるため、チョコレートを使用しました。

                   ロールケーキ

             中は、フルーツ&ホイップです。

            だし巻き卵

             いつの間にか、珈琲の湯沸し専用となっていた卵焼き用のフライパンが、この日は本業に戻りました。でも、もう寿命がきていたようです。

                 サンドウィッチ

             嫌いな方も多いかもしれませんが、卵サンドにパセリを入れるのは絶対にお勧めです。味の膨らみが数段に違いますよね…あと、栄養価の優等生であるという理由からも、ぜひ混ぜ込みたいアイテムです。

                             ピザ

             パンtypeのピザクラストです。イースト菌を発酵させた生地を、一度も冷やさずに焼き上げるピザの食感は最高ですよ。

                 折詰

             この頃には、時間が迫り、おそらく顔がこわばってたでしょうね…たらーっ

                                折詰

             ガメ煮(筑前煮)・唐揚・ポテトサラダ・山菜手巻寿司
             だし巻き卵・サンドウィッチ・お好み焼・ピザ
             ロールケーキ・わらび餅

             …以上が、この日作った料理です。不備の多い手製の弁当でしたが、スタッフの方々も喜んでくれた様子でひと安心でした。
             なお、会場は、東心斎橋のBAR『PRIMO』さんにお願いしました。

            『M.P.GB』スタッフさん

             しかしながら、今さらこういう経験をすると、街で売っている弁当の価格には考えさせられますよね。キッチンの制限があるとはいえ、ほぼ1日がかりで12名分の料理を用意した私です。今回はもちろん御代などはありませんが、仮にひとつが500円で売れたとしても…そう考えると、大量生産というのは本当に意味深い、且つ慎重に採用しなければならないシステムだと思いました。

            | 絵画 | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            『春、爛漫。』 五郎丸 塊維 作品展 閉幕
            0
               2週間あまりにわたって開催しておりました『春、爛漫。』五郎丸 塊維 作品展 も、この程無事に閉幕をいたしました。ご来場いただいた方々には、心から感謝をしております。
                              サロン風景

               色々なお客さまがお見えになり、そして沢山の方々のデッサンを描かせていただきました。とても良い経験となりました。

              メイク

               これらの2枚は、その合間にスタイリストさんを描いたものです。

                     Mior

               さて、今回の展示会でいただいたお手土産の中に、ふんわりとした、とても美味しいお菓子が入っておりましたので、ここで掲載をしてみようと思います。

                           Parisis

               先日ご紹介した『Masa』さんが持ってきてくれたものです。「私が作ったんですよ」と言われたので、おそらくまささんご本人さんが作ってくれたお菓子なのでしょうが、『Mior(ミオール)』というお菓子屋さん、その神戸店の『PARISIS(パリージ)』という一品です。

               何と言えば良いのでしょうか…ふんわりとした食感のダッコーズ生地が口の中でとろけたかと思うと、ジャムの程好い甘さが舌を包み込むように現れる…サロンのスタッフさんといただきましたけど、本当に美味しいお菓子でした。

               『さんちか7番街』と書いてありましたが、梅田にもお店は在るようですね。今度、ぜひ行ってみようと思います♪

               空気…絵にもお菓子にも、欠かせないものですねニコニコ
              | 絵画 | 03:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              追悼画
              0
                      円山公園

                 哀しい雨が降っていました。

                 去る4月7日、東広島市西条町のお菓子の蔵『さくらや』さんの会長がお亡くなりになりました。

                枝垂桜

                 私は現在のさくらやさんの社長、そして女将さんの代からのお付合いであることから、会長との面識は無いのですが、以前よりお体を壊されていると伺っておりましたゆえ、何度か面会を希望したことがあります。しかし都度、女将さんから「お気持ちだけで」というようなお返事をやんわりといただいておりました。結果的に、永遠に面と向かってのご挨拶が出来なくなってしまったことは、非常に残念でなりません。

                                  枝垂桜

                 京都へ行ったのは、4月10日でした。泣き濡れた枝垂桜は、どこか淋しげな様子でした。何が出来るのか解らず、ただただ描いてまいりました…それがこの一枚です。

                      追悼画

                 満開の桜の花と共に逝かれるとは、ほんとうに天晴れな方だと思います。さくらを愛して愛して止まなかった…そんなお人柄を偲ばせます。

                      
                   逝ク空ニ

                      桜ノ花ガ

                     アレバヨシ


                 贈った画と共に、上の言葉を添えさせていただきました。三波春夫さんの辞世の句ですが、私の記憶違いにも、先日の記事で三船敏郎さんと書いてしまったことをお詫び申し上げます。

                 謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

                 合掌

                   Atelier Kaii

                     五郎丸 塊維
                | 絵画 | 02:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                『春、爛漫。』 〜 Vernissage 〜
                0
                         陳列作品

                   大阪・北堀江での展示会も、順調に日程をこなしています。少量ですが、今日は画像での報告です。

                   今回は美容室さんでの展示会となり、壁に穴が開けられないため、↑↑のような展示方法となっております。こういう光景は、展覧会の審査を彷彿とさせますね。

                                    Vernissagge

                   『Vernissage』の会場です。知人が沢山駆けつけてくれました。

                  再会

                   左の方は、フランス時代にお世話になった、菓匠『千鳥屋』のMasaさんです。近年ずっと再会をしておらず、現在どこに住まれているのかも知り得ませんでした。しかしこのパーティーの前日にMasaさんから不意のお電話があり、偶然にも両者が大阪に在住していることを認知したという訳です。いやはや、こんな奇遇ってあるのですね…

                   右におられる和装の凛々しい男性は、先日ご紹介いたしました、京都の『京呉館』さんの西島店長です。

                                料理

                   今回は、大阪市内で営業をしている、和食の『おふく茶屋 Douce』さん、フレンチの『6 VENTOSE』さん、串揚の『とりてつ別館 大衆屋』さん、フレンチの『Vrai de Vrai CHEZ HIRO』さんの各店に、お忙しい中、お料理を作っていただきました。手間ひまかけた美味しい品々を、本当に有難うございます。

                      料理

                   こちらは自家製サンドウィッチ。私が会の始まる寸前に作るつもりだったのですけど、あれやこれやでてんてこ舞いになり、『MANIC PANIC GB』のスタッフの方々に、ほとんどの作業をお願いしてしまいました。お手伝い、心より感謝しております。

                                サンドウィッチ

                   ↓↓お開きです…会も無事に終り、ホッとひと息といったところでしょうか。

                   しかし本当に、この宴の開催にあたり、多くの方々のご協力を賜りました。この場を借りて、厚く御礼を申し上げます。

                      お開き

                   さてさて、役に立つのかはいささか不明にも、素朴な豆知識です。『前夜祭』はフランス語で『vernissage(ヴェルニサージュ)』ですが、その言葉は同時に『ニスがけをする』という意味をもつそうです。絵画展を開く際に、作品の保護や艶だしのために『vernis(ヴェニス…訳:タブローまたはワニス)』を画面に塗布しますが、どうやらその習慣が、『前夜祭』という意味にも浸透していったようですね…言葉のルーツを探ってゆくのも、なかなか面白い発見があります。

                  | 絵画 | 01:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  『春、爛漫。』 五郎丸 塊維 作品展 開幕
                  0
                     ぶっきらぼうなコメントで失礼をします。

                     本日より、Atelier Kaii『五郎丸 塊維』の作品展が、大阪にて開幕されます。
                    | 絵画 | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    催事会場 〜 肖像デッサン 〜
                    0
                             肖像デッサン制作風景

                       今回の富山県高岡市への出張の目的は、催事会場において、ご来場になったお客さまの『肖像デッサン』を描くというものでした。
                       高岡市では、そういった機会が今ひとつ少ないようで、モデルになっていただいた方々には、出来上がりを大いに喜んでいただけたのではないかと思います。

                                        作品展示

                       空いている壁面スペースに、日ごろ描いている作品もかけさせていただきました。

                      木版画展示作品

                       こちらは木版画。

                       こうやって、改めて自己の作品を並べてみると、今まで見えなかったものが意外にも見えてくるものです。創作の過程では、どうしても思い入れや馴染み(感覚の麻痺)が生じ、的確な判断が下せないものですよね。それを一旦白紙に戻すと、新鮮な気持ちで創作物と対談ができる。つまり、明朗な評価が出せると思います。

                       印象派の巨匠『ルノアール』は、こう言っています。

                       「絵が完成したと思った時、それを裏返しにして、どこかへ仕舞っておきなさい。そして3月ほどが経ってから改めてその絵と対面し、その際に『この作品には、もう一筆も加える必要がない』と言い切れる輩は、その時点で画業を捨てたほうが良い」

                       私はこれには、大きく分けてふたつの意味が含まれていると思います。ひとつは、先ほど記述した観点。そしてもうひとつは、画家自身の『成長』。昨日よりも今日、今日よりも明日という目で見つめれば、『作品の完成』など、生涯出遭うことは無いのでしょうから…

                       要約すると、画家に限らず、『創造』を常とする人種は、決して自己の作品、そして自分自身に満足を覚えてはならないように思います。「どうしていつまで経ってもできないんだろうか」、「あとは何が足りないんだろうか」と、自分を諌め続ける人間のみが、本物の創作者となり得る気がしてならないのです。
                       


                      | 絵画 | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |